トップページ内臓脂肪を減らすL−カルニチンについて

内臓脂肪を減らす

内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

脂肪を燃やす炉みたいなものがミトコンドリアで
脂肪は、L−カルニチンのエスコートなしには
ミトコンドリアの中に入れないということを学びました。

脂肪を燃焼させるには、L−カルニチンが
深く関わっているということでした。

では、L−カルニチンってどうやって摂取したらいいのか?
どうしたら作られるのか?
そこいらが疑問ですよね。

どうやら肝臓で1日約10〜15mgのL−カルニチンが
作られているようです。
しかし、その多くは羊肉や牛肉から摂取しているとのこと。


また、体内のL−カルニチンは年とともに減少。
基礎代謝量も加齢とともに低下してきますので
脂肪燃焼力が年を負うごとにズンズン下がっていきます。

だから中年は太りやすいのだそうですよ。

まずは、脂肪を燃やす場所である筋肉を
つける運動も取り入れないといけませんね。
そして、L−カルニチンですか。



内臓脂肪ダイエット

腹囲94センチから76センチに!
内臓脂肪ダイエット
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
内臓脂肪が気になる方に
このサイトについて
プライバシーポリシー
当サイトでは、ユーザーがページをご覧になる際 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集されるものであり、 それ以外の用途には使用することはありません。 ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することが できます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site