内臓脂肪運動

こんにちは。

お正月に食べ過ぎてしまいました。
しかも、ほとんど外には出ずに、テレビやビデオを見てばかり。
かなり太ってしまいました。

全体的に見たらそんな太った感じはしないんですが
お腹が、まじヤバイ状態です。

「こりゃあいかんな」
ということで、何かいいダイエット方法はないかと
ネットをいろいろ調べてみました。

すると、
「わずか19日で正月太りを解消し、格闘家のような肉体を手に入れる方法」
という動画が完全無料で公開されていました。

本やテレビなどで紹介されていたダイエット理論を根底から覆す最新のメソッド
と紹介されていました。
「ホンマかいな」と思いつつも
興味もあったので、半信半疑ながら登録してみました。

何に興味があったのかというと、このダイエットメゾットは
松下兄弟という現役プロ格闘家があみ出した方法だからです。
プロ格闘家といえば、減量も仕事のうち。

しかも、ただ痩せるだけではなく、痩せながらにして
戦える最高のコンディションを作らないといけません。
どんなダイエットしてるんだろう?と前から興味があったんですよね。



  

内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

内臓脂肪を減らすには
まずは運動強度の低いウオーキングから
ということを書きました。

ただ、闇雲にウオーキングするよりも
目標を持った方が、モチベーションを維持できます。
1日30〜60分歩くとか。

よく言われるのは、1日1万歩。
歩数計は、そんな高価のものでもないし
これを機会に買っておくのも良いかもしれません。

今では、3次元センサーの歩数計というのが売られていて
鞄の中やポケットの中に入れておいても
正確に歩数を測定できるもののありますから。

1万歩を歩くには
通勤の行き帰りに1駅分歩いたり
車を利用した時は、少し手前で降りて歩いたり
エレベーターやエスカレーターを使わずに歩いたりすると
歩数も稼げます。

負担にならない範囲で、少しずつ歩数を増やしていかれては・・・


内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

ダイエットのためヨガを行うことが、流行っているようです。
ヨガは呼吸法を行いながらポーズをとる、心と体の調和を図る訓練法。
ポーズをとって、いつもは使わない筋肉を使ったり
いつもは力を入れりすぎている筋肉を緩めたり・・・

その際、呼吸は自然に行ってポーズをとり
停止することで血の流れが行き渡ります。

ヨガは筋肉も使いますが、体の歪みなどを矯正し
体のバランスを直してゆくこともできるのです。


ダイエットのヨガに「寝ヨガ」というものがあります。
「寝ヨガ」は日本人のヨガ講師が考案した方法です。
寝ながらヨガを行います。

ヨガのポーズをとりながら腹式呼吸を行い、体の細胞を活性化。
そんな効果もあるようです。

「寝ヨガ」で大切なのは呼吸法。
深呼吸によって心のバランスも取れます。
さらに、ストレスで乱れていた食欲の中枢も正常に。

この腹式呼吸法は、まず息を吐くことからはじめ
体の老廃物を出すことをイメージしながら吐いてゆきます。

その際、へその下3センチの丹田を意識。
息を吸うときも同様に、丹田を意識。
鼻から息を吸ってゆきます。

気分転換の意味でも、ヨガをやってみるのもいいかも。



内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

内臓脂肪を減らすためにと、運動を考えるわけですが
内臓脂肪を燃やすには、ジョギングが良いと思い込んでいる人が
多いようです。

常日頃から、運動をしている人ならいいのですが
運動不足で、たっぷりと内臓脂肪を溜め込んでいる人は
逆に怪我の元になります。

運動の強度も高いですから長続きせずに
三日坊主といいうことにもなりかねません。

ですから、長い間運動とは縁のなかった人や
内臓脂肪を溜め込んで肥満の進んでいる人は
運動強度の軽いウオーキングから始めてはどうでしょう。

ウオーキングは、最も強度の低い有酸素運動です。
とくに、道具を買い揃える必要もありませんし
費用もウオーキングシューズ代ぐらい。

さらに、年齢とともに低くなる基礎代謝を抑えられ
インスリンの働きを活発にして、生活習慣病の予防にもなりますよ。


内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

腹筋を鍛えれば内臓脂肪は、減るのだろうか?
割れた腹筋は、憧れです。
私も若い頃は、腹筋が割れていたのですが
今は見る影もなく・・・
ポッコリお腹。

腹筋運動を毎日繰り返して、腹筋を鍛えたとしても
どうやら内臓脂肪が減るわけではないみたい。
ただ、運動不足で弛んでいた腹筋が引き締まっただけ。
腹筋が引き締まって、体脂肪が減ったと錯覚しているんだって。

部分的に運動することで筋肉を引き締めて
その部分をスマートにさせることは出来ても
部分的に体脂肪を燃焼させることは、出来ないそうです。

かといって運動が、内臓脂肪を減らす効果がないわけではありません。
年とともに減っていく基礎代謝を維持することや
インスリンの感受性を高めるなどの効果があります。

内臓脂肪を減らすために過剰な期待を寄せるのも、どうかとは思いますが
メリットもたくさんあるのも確かですから
内臓脂肪ダイエットには、運動をはずすことはできません。


内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

内臓脂肪と運動との関係。
内臓脂肪を減らそうと思ったら
運動してカロリーを消費すればいいと考えがちです。

正しくはあるのですが
運動でのカロリー消費は、思っているほど多くありません。
かなり意外な数値が出ています。

例えば、フルマラソンを2時間半で完走したら
さぞかし、すごいカロリー消費だと思いきや
2400キロカロリーです。

体脂肪1キログラムの中に蓄えられているエネルギーは
いくらあるかと言えば、約7200キロカロリーだそうです。
それでいくと、1キロ体脂肪を減らそうと思うと
フルマラソンを3回も、完走しないといけないことになります。

実際、私もフルマラソンを完走したことはあります。
タイムは、5時間45分。
その時は、1.5キロほどやせた記憶がるのですが
それは、汗として体の水分が抜けただけなんですって。

そう考えると、運動だけで内臓脂肪を減らすことは難しいです。
なので、内臓脂肪を減らすには食事と合わせて考える必要が・・・

でも、1キロ7200キロカロリーってことは
1日240キロカロリーづつ、食事と運動でやりくりすれば
1ヶ月で1キロやせる計算になります。
240キロカロリーといえば、アンパン1個。
そう考えると・・・



内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

内臓脂肪を燃焼させるのには
有酸素運動が効果的なのですが
日頃運動もしていないのに
いきなり始めても逆に怪我の元です。

まずは、ストレッチで筋肉をほぐし
関節を柔らかくしておきましょう。

運動前のウォーミングアップとしても
運動後のクルーダウンとしても
ストレッチは大切です。

運動ができない日も
ストレッチは毎日欠かさず
やっておいたほうが良いです。

年をとってくると思うように体が動かなかったり
体が硬くなっていきます。
ストレッチを習慣化しておくと
日常の体の動作が楽です。

私も毎日のウォーキング前後に
ストレッチをしていますが
以前より体が動くようになりました。


内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

内臓脂肪ダイエットには
有酸素運動をして体内に酸素を取り入れ
内臓脂肪を燃焼させるのが良いのですが
筋トレも実は、効果があります。

人間の消費エネルギーの6〜70%を占めるのが
基礎代謝だと言われています。
基礎代謝とは生命維持に必要な活動。
体温調節や心臓を動かしたりする
じっとしていても消費するエネルギーのこと。


基礎代謝は、年とともに減少。
同じ食生活を続けていると基礎代謝が減っていく分
余分なエネルギーは脂肪として貯まっていくのです。

そこで筋トレなどで筋肉をつけます。
内臓脂肪を燃焼させるための筋肉をつけると
基礎代謝をアップさせることができるので
エネルギーの消費量が増えやすくなり
太りにくり痩せやすくもなるわけです。


内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

内臓脂肪の特徴に『つきやすいけど、落ちやすい』
というのがあります。
その内臓脂肪を減らすには
食事の量を改善することも大切なことですが
それだけでは、やはり難しいようです。

もし食事だけでうまい具合に減量できたとしても
脂肪だけでなく、筋肉量も減りますから
肉体的にも弱くなり、免疫力も低くなってしまいます。

健康的に内臓ダイエットするには
やっぱり適度な運動が必要ということですね。

運動は、有酸素運動が効果的。
なぜなら、細胞内のミトコンドリアで酸素と反応して
脂肪を燃焼させるから、酸素を体に取り込む
有酸素運動がいいというわけです。

有酸素運動と言えば
ウォーキング、ジョギング、水泳などがあります。


内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

メタボリックシンドロームの診断条件の一つは
腹囲が男性85センチ以上
女性が90センチ以上です。

私もは腹囲を測ってみると92センチ。
お腹の周り、内臓のまわりにたっぷりと脂肪が・・・
これは、まずい・・・(汗)

その内臓脂肪を減らす方法として
食事量を減らすことがまず考えられます。
でも食事だけの減量は、筋肉も落ちてしまいます。

内臓脂肪のダイエットには食事だけでなく
運動も合わせてやると、筋肉が保持されて
体脂肪を効率よく燃やすことが出来るらしいです。

運動はそれ以外に
血圧、血糖、悪玉コレステロールを下げる効果があり
善玉コレステロールを上げる効果が期待できます。

運動不足のこの頃なので
少し運動をしてみることにしよう。
激しい運動は、筋肉痛とか心配なので
まずはウォーキングから始めます。




内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪が気になる方に
このサイトについて

内臓脂肪92

こんにちは、内臓脂肪92です。
ここ最近お腹がポッコリ出てきました。腹囲を測ってみたところ92センチ。かなりショックを受け、一念発起して内臓脂肪ダイエットを決意しました。そこでダイエット法、食事、運動、サプリメントなどなど内臓脂肪ダイエットに関する様々な情報を集めることにしました。内臓脂肪は、生活習慣病を引き起こす原因になるといわれていますから。がんばらなくっちゃ。嬉しいことに内臓脂肪は、つきやすいけれど取れやすくもあるんだって。何かのお役に立てれば幸いです。

プライバシーポリシー
当サイトでは、ユーザーがページをご覧になる際 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集されるものであり、 それ以外の用途には使用することはありません。 ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することが できます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site