内臓脂肪レベル

富士フィルムのメタバリアneoというダイエットサプリを試してみました。
ダイエットサプリ初体験です^^

フジフィルムホームページはコチラ⇒富士フイルムのメタバリアNEO


というのも、一時は内臓脂肪も減って
腹囲も76センチまで絞れ、スッキリ!
喜んでいたのですが、ちょっと油断するとこの有様です。
はち切れんばかりに、成長してきました。

このまま放置していたら
間違いなくリバウンドして、元に戻ってしまう!
そんな恐怖心から、お試しに「メタバリアNEO」となったわけです。

メタバリアお試し前の腹囲
(腹囲85センチ)

内臓脂肪は落ちやすい脂肪です。
逆をいうと、付きやすい脂肪でもあります。
食べ過ぎで運動不足なんてことになると的面、お腹が出来てます。
反面、適正な食事をして適度な運動をすれば、お腹の肉から落ちていってくれます。
分かりやすいから、頑張りがいもありますよね。

メタバリアお試し

お試しは7日分。
今なら3日分サービスの10日分です。
お値段は、送料込みの500円とかなり格安でした。
格安だったから、試してみたんですけどね。

メダバリア

特にニオイも味もなく、飲みやすいサプリメントです。

メタバリアお試し後の腹囲
(腹囲81センチ)

結果。
10日間試すと、ご覧の通り腹囲が4センチ減りました。
体重にすると1.5キロほどです。
減ったのは、ほとんどが内臓脂肪なのかな、なんて思っています。

僕の場合は効果があらわれたようですが、効果が出る人でない人など色々で
体質などもきっとあると思います。

ただ、すべてがメタバリアのおかげというわけではありません。
出来るだけ体を動かすようにしていたし
食事の時にカロリーも気にするようになっていたんで。
そちらの効果もかなりあったと思います。

それでもメタバリアを摂るようになって
「内臓脂肪を減らそう!」と前向きになったのは確か。
やっぱり毎食摂っていたわけですから、その都度意識はするようになります。
いい意味での副作用ですね。^^
まあ500円で試せますので、気軽に試してみるのもいいのでは?


メタボが気になって、『内臓脂肪を減らさないとな』。
と思った所で何かアクションを起こさない限り、今の生活のままでは減りませんよね。

サプリメントを摂るということに限らず、何か一歩行動を起こす
その一歩が内臓脂肪を減らすことにつながると思いますよ。
さあ、食事の改善でも、運動でも、何か行動を起こしてみませんか?


フジフィルムホームページはコチラ⇒富士フイルムのメタバリアNEO



きつかったズボンがスッと入るのが、とっても嬉しい今日この頃です。



内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。

内臓脂肪レベル、今回はオムロンについてです。



内臓脂肪レベルは、体重体組成計の機能の一つ。
内臓脂肪がどれぐらいあるかを判定するものです。

オムロンのカラダスキャンHBF-362では
内臓脂肪レベルを30段階にレベル化してあります。

内臓脂肪レベル1あたりが
内臓脂肪面積約10平方センチメートルに相当。

内臓脂肪面積が100平方センチメートルを超えると
生活習慣病へのリスクが高まるメタボリック症候群の
第1条件になります。

ですから、オムロンの内臓脂肪レベル判定では
1〜10未満:標準
10〜14:やや高い
15以上:高い
となっています。








内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪ダイエットです。
こんにちは。


体重計を体重体組成計に買い換えるために
どれがいいか今いろいろと物色中です。

私は、どちらかというとアバウトな性格。
細かくデータを取ったりするのは、すごく苦手です。

しかし、内臓脂肪ダイエットには細かいデータが必要
というか、それがないとダイエットできているのか
どうかさえ分かりませんから。

話を戻して、内臓脂肪レベル。
内臓脂肪レベルは体重体組成計の機能にあったりします。
いったい何なのか?
ちょっと調べてみました。

TANITAの体重体組成計でいう内臓脂肪レベルは
標準(内臓レベル9以下)
やや過剰(内臓レベル10〜14)
過剰(内臓レベル15以上)
に別れます。

内臓レベル10が
およそ内臓脂肪面積の100センチ平方メートルに相当
するようです。

医学的に腹部X線−CTスキャナによる測定で
100センチ平方メートルを超えていると
生活習慣病を引き起こす可能性が高いと言われています。

ですからこの内臓脂肪レベルで
いったい自分のお腹にどれだけ内臓脂肪がついているか
を知るとこが出来るわけです。



内臓脂肪ダイエット
内臓脂肪が気になる方に
このサイトについて
プライバシーポリシー
当サイトでは、ユーザーがページをご覧になる際 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集されるものであり、 それ以外の用途には使用することはありません。 ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することが できます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site